バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションを始めるには、円安・円高に関する知識、一定レベルの為替レートの予測をできるようになる必要があります。その一方、バイナリーオプションの実践経験がFXトレードに活かせることもあります。

 

バイナリーオプションは2者択一というシンプルなトレード方式から、ギャンブル感覚で始める方も多いと思いますが、実際取引をしていくと少ない少額投資ながらも徐々に為替の値動きに興味をもっていくでしょう。

 

市場の分析、予測を始めれば、それはもう立派なトレーダーになっています。

バイナリーオプションのシンプルさ、単純さに物足りなくなったら、もうワンステップ上がってFXにチャンレンジしてみましょう。

バイナリーオプションを経験すれば、FXへのハードルは低くなります。

 

バイナリーオプションはFXより始めやすい

FXの場合、例えば1ドル100円のとき、米ドル円を1万通貨買おうと思ったら4万円の必要証拠金が必要になります。相場の値動きを考えたら最低5万円から10万円は口座に資金を入れておく必要があります。

 

バイナリーオプションの場合、基本的にレバレッジはありません。つまり大きな資金でハイレバレッジでリスクを高める必要がないというメリットがあります。

 

その一方、FXのように長くポジションを保有することができないので、10倍以上の大きなリターンも望めません。その場合はペイアウト倍率20倍などの高いペイアウト倍率を狙う必要がでてきます。

 

▲トップへ戻る